NZフラワーエッセンス

悩んでいたことをもう覚えていないという不思議

私たちの日々の悩みって
絶望的で「もう無理……」っていうことよりも
なんとなく解決されずにいつもあること
のほうが多いかもしれませんね。

うっすらと寂しさや孤独感を感じているとか
家族の一言にモヤモヤした感じが募るとか
いい娘・妻・母とは言えない気がする罪悪感とか。

色々なお悩みがあるわけですが。

継続セッションのお客様は、初回の悩みを忘れがち

継続セッション数回目のお客様と話していて
面白いなぁと思うのは

「初回はこんなことで悩んでるって話でしたよね」

ってこちらから振り返ってみると

「え?そんなこと言ってました?」

っていう反応が返ってくることが多いこと。

悩んでいたことをもう覚えていないんですよ。
不思議ですよね。

何を忘れてしまうのか?

セッション記録を振り返って、
こういうことが一番つらいってお話しされてましたけれど
最近は感じてないんですね!

と続けていくと、

あーー。言ってましたね、そうだそうだ。
でも、今は全然感じてないです。うん。

とまるで覚えていらっしゃらないわけではないんですよね。

何を忘れちゃったんだろう、というと

その時の感覚を忘れてしまったんです。

  • 何かを思い出すだけで浮かんでくる痛みの感覚
  • 記憶に張り付いた傷、ダメージ
  • 心で感じる痛みも、喉やおなかなど身体で感じる痛みも。

そういうものが浄化されて消えてしまったんですね。

だから日常的に痛みを感じないし
記憶を振り返っても同じ痛みが出ない。

癒されたってこういう感じです。

なぜ消えてしまったんだろう?

継続セッションで行っているのは
その時感じている悩みや課題をゆっくり聞いていくこと。

初回はやっぱり過去の痛みの話になる方が多いのです。

話しながら気づくことで、
顕在意識にあがってきた痛み。

心理セッションの場合はセッション時間内でここをケアしていきますよね。
視点を変えるとか、痛みを感じきるとか、いろいろあります。

フラワーエッセンスを使う場合は
その痛みに合わせてエッセンスを選びます。

 

このエッセンスが1か月お客様に寄り添って
いい働きをするわけです。

顕在意識に引っ張り上げることができなかった
潜在意識の方にまで丸ごと届いて
広く浄化をしていきます。

そうすると、
いつのまにか「そんなことで悩んでいたっけ?」
という形で数か月後には思い出せるようになっていくんですね。

 

どうにもこうにも耐えられないってほどじゃないけど
なんだかいつもどこかにある悩み、痛み、嫌な気持ち。

もしかしたら
フラワーエッセンスが気づかないほど深くまで
浄化することで
忘れてしまえるかもしれませんよ!

カウンセリングの詳細・お申込みはこちらから↓
フラワーエッセンスカウンセリングセッション

お知らせ

HSP・HSCお茶会
ZOOMでHSP/HSCについて語らう会です。次回は8/26水!

メルマガご登録
フラワーエッセンス・占星術・HSP等のお知らせを月2回配信中。

カウンセリングセッション
ご要望にお応えして、ショート・スタンダード・ロングから選べるようにしました。

無料メールレッスン
敏感気質HSPのための神経セルフケアレッスン