NZフラワーエッセンス

ZOOM(ズーム)オンラインセッションの安心感と参加のコツ

ズームオンラインカウンセリング

フラワーエッセンスのカウンセリングセッションを、オンライン中心に切り替えていこうと決めて、今月は数人の方とZOOM(ズーム)でテレビ電話的セッションを行いました。

オンラインでのやり取りとしては、LINEチャットやFBメッセンジャーでのセッションも経験してきましたが、ズームは想像以上に良いです。

まず、接続方法がわかりやすく楽です。

  1. ZOOMアプリをスマホにダウンロード
  2. ご連絡する9桁のIDを入力

というかんたん2ステップで接続できるので便利。

さらにやってみて感じたこととして、
ズームでは対面と同等、もしくはそれ以上に
お互いにリラックスして安心感のある状態で対話できています。

 

ズーム(ZOOM)オンラインカウンセリングを行っているサービス、増えてきているように感じています。なるほどわかる、使いやすい。と今回思いました。

私が提供しているセッションに関わらず、もし「カウンセリングにオンラインってどうなんだろう……」とためらっている方がいれば、安心して試してみて欲しいと思ってまとめてみました。

ズームなら、対面と同等以上に安心して話せる

私の実感としては、ZOOMの良さは安心感。「これ、使いやすいなぁ」と感じています。

ZOOMオススメ安心ポイント
  1. 顔が見える安心感
  2. 物理的に離れている安心感
  3. 安定した接続の安心感

安心・安心うるさいようですが、ひとつずつ説明していきますね。

顔の見える安心感

電話って最近、あまりしないですよね。親兄弟と連絡するとき、仕事で業務連絡のとき、そんな感じで、あまり長話をするイメージがなくなってきました。

そして久しぶりに音声だけでつながる時って、微妙な間が気づまりに感じる瞬間がありませんか?

ZOOMは顔が見えることで、この気づまりな間がほとんどないです。

セッション中、特にこちらから何か質問した時、うーん、と少し考えることがあると思うのです。そんなとき私はだいたいメモをチェックしたりしながらのんびり待っています。

スラスラ答えられず、自分の中で「ん?」と考えるようなそぶりが見えた時は、むしろ大事なポイント。いくらでも時間をかけてもらっていいと思っています。

でもこれが音声のみだと、「早く答えないと、、、」と一部の方を焦らせるようなのですね。

顔がお互いに見えることで、これがないです。私はうなづいたりメモってたり何しろのんきにお待ちしていますので、それは顔を見ると伝わるようです。

お互い安心してゆったり話せる感じがしますし、聴いてもらえる感じがした・話しやすかったというフィードバックも頂いています。

物理的に離れている安心感

カウンセリングの場所については、もともとジレンマがありました。

個人的な話を伺うので、混雑したカフェよりはできるだけパーソナルなスペースが欲しいのです。でも自分で誰かのセッションを受けると考えると、見知らぬ人と個室で過ごすのも、少し気づまりだったり緊張したりすることもあるのです。

もちろん緊張させないのがセラピスト側の力量とも言えるのですが、そもそも敏感な方々を対象としたサービスなのでできるだけリラックスした環境が欲しいなぁと。

それで、ZOOMでつながった場合、ご自宅など自分のスペースからつながれるので緊張感がないなぁと感じます。

時間に間に合うかな、早く着きすぎちゃったな、なんて心配もなく、時間少し前くらいに接続していただき、終わったらさくっと切断していただく。

物理的なパーソナルスペースを侵されない感じ。

実は私も気楽にできますし、つながっていただく側からもリラックスしたムードが感じられています。

安定した接続の安心感

3つめは割と技術的なことですが、サーバーにある会議室でつながるためか、ZOOM音質等が安定しています。

TV電話セッション的なことはSkypeでもできるのですが、Skypeでは接続環境に寄っては音が切れがちな場合がありました。

ズームはそれがなさそうで、映像も入ってここまでクリアだと助かります。あとはやはりID登録していただく必要もないので、「うまくログインできない!相手のIDが見つからない!」という操作に関しての焦りもないかと思います。

と、3つの安心感をお伝えしてみました。いったんつながってみるとどうってことはないことですが、オンラインセッション未経験の方の安心感につながると嬉しいです。

ZOOMセッション参加の3つのコツ

さて、ズームでのセッション参加を決めたとして、よいセッションにするためのコツもお伝えします。

落ち着いて、よい音質で、お互いに安心して話ができるために、ここでも3つほど。

落ち着いて座れるスペース・スマホスタンド・飲み物

ほんの小さい場所でいいので、セッションスペースを整えていきましょう。

落ち着いて座れる椅子、テーブル上でスマホを支えるスタンド(辞書的な本等立てかけられるモノならOK)、それから何か飲み物など。

カウンセリングセッションでは、自由に話をしていただいたり、質問しながら自分の考えを探ってもらったり、ゆっくりお話しする時間と場所が必要です。

この1時間にリラックスして集中できるような、そんな場を作ってみてください。

音が気になる場合は、イヤフォン・マイク

スマホのスピーカーでも大丈夫ですが、イヤフォン・マイクをお持ちだと例えばお子さんが周りにいたりしても安定した音声で会話ができます。

iPhoneなら純正イヤフォンのコードにマイクがついていますね。

私は片耳に引っ掛けるタイプのイヤフォンマイクを使っています。音楽を聴きながら料理をしつつ、家族に呼ばれたら答えられるという日常遣いにも便利な品です。

このマイクからの接続だとお客様側がスピーカーフォン状態でも雑音等入らないようです。

初回でなければ、最初の挨拶以降にビデオを切って通話でもOK

初回はビデオ通話で落ち着いてお話しできる環境をお願いしていますが、毎回は無理、出先から時間を作って話したいときもある、という状況の方もいらっしゃるかもしれません。

そういう場合、挨拶時だけビデオで、その後は通話のみでもOKかなと私は考えています。

ビデオ通話は何より安心感のためなので、すでに提供者と相談者さんで安心して話せる関係が整っていれば、利便性優先の場合もありうると。

ただ、移動中だとか落ちつかない場所だとかで話すのはおすすめできません。なるべく気持ち的にも落ち着ける状態が必要だと思います。

 

本当にしつこいですが、よいセッションになるためには、リラックスと安心感が必要。

提供側も圧迫感のない雰囲気を心がけていきますが、ぜひつながる前に一度深呼吸などして緩んだ状態でカウンセリングを受けてくださいね。

お知らせ

HSP・HSCお茶会
ZOOMでHSP/HSCについて語らう会です。次回11月予定。

メルマガご登録
HSPのことや占星術、イベントなどのお知らせを配信しています。

カウンセリングセッション
10月スタート3回セッション受付中(メニュー改定のため最終募集です)

無料メールレッスン
敏感気質HSPのための神経セルフケアレッスン