NZフラワーエッセンス

占星術で星を読み、星を使い、フラワーエッセンスでさらに整える

占星術セルフケアとフラワーエッセンス

最近、セッションのときに「ブログも読んでる」って言ってくれる方がいて嬉しいです。

しかしどうやら、

自分の星(月や水星)を使うという話が
占星術に親しんでいる人には伝わったとしても
詳しくない人にはぴんと来ない感があるらしい!

と判明して少し反省しています。

そこで今回は

「占星術の内なる星を使うってどういうことか」

「なぜ占星術とフラワーエッセンスが関係あるのか」

を直球で解説していきたいと思います!

内なる星とは?

占星術では、「ひとりひとりが内側に星を持っている」という基本の考え方があります。
誰の中にもあるはずの、月・水星・金星・太陽…その他太陽系内惑星
これが私のいう内なる星。

でもそもそも内なる星ってなんなんだ、という私なりの定義をしておきますね。

内なる星とは
  • 出生の瞬間に、太陽系内の星のエネルギーが人体に刷り込まれて「内なる星」になる(これを描いたのが出生ホロスコープ)
  • 内なる星はその人の資質・運勢を左右はするが、運命的強制力はない
  • つまり、内なる星の使い方次第で人生は変わる

太陽系の全惑星が内なる星として存在するけれど、個人の資質に関わる内なる星は、以下の5つ。

  1. 月(感情)
  2. 水星(知性)
  3. 金星(価値観)
  4. 太陽(意志)
  5. 火星(情熱)

誰にでもこの5つの力が内在しています。

感情が満たされながら
自分なりの知性と価値観を発揮して
意志と情熱を持って人生を歩んでいく。

そんな風に全部が発揮できたらよいというのは、イメージしやすいかと思います。

内なる星のエネルギー状態と使いやすさ

さてそんな内なる星のエネルギー。

それぞれの星の状態には「バランスがよい状態」のほかに、過剰(++)不足(--)があります。

もちろん、バランスの良い状態が理想です。しかも、先にあげた月~火星までの5つのエネルギーをバランスよく使えていたらいいですね。

内なる星を使うのはちょっと難しい

しかし普通に生きていて「5つの星の状態が自然とバランスよく整っている」ということはなかなかに稀です。

個人の資質を、自然に使えないのはなぜでしょう?

占星術的にも、占星術関係ない個人の生き方的にも原因があります。

  1. 各星の発達年齢になるまでは、星の力を使いこなせないことが多い(年齢域)
  2. 人により「この星が強い」「この星はエネルギーが発散しにくい」といったクセがある(アスペクト)
  3. 今現在運航している天体の影響で、力が抑えられていることも(トランジット)
  4. 自分の自然な資質を、自分で抑え込んでしまうことがある(占星術以外の要因)

2-3について自分の星のくせや状態をチェックしてくれて、4も含めて星を上手に使うためのアドバイスをくれるのが占星術師さんですね。

内なる星をうまく使えたらどうなる?

これらの星を上手く使えると、どうなるでしょう?

  • 生まれつきの資質が発揮できる。自然な心地よさ・力強さを感じる。
  • その結果のウェルビーイング。存在として満足感の高い人生を送れる。

この反対を思い描くなら

  • 周りの期待や自分の役割に合わせていて、無理が生じている。
  • その結果、自分の中に弱さ・違和感などがあり満足感の低い人生。

だからもし
「なんだかうまくいかないな」
「違和感があって今の生き方に満足しきれてないな」と思ったら、
占星術を活用して自分の内なる星を整えてみると良いのです。

また、5つの星をバランスよく発揮すると

人生の様々な部分で起こる葛藤が解消されます。

葛藤とは、例えば……

  • ワークライフバランス
  • 男性性と女性性
  • 思考と感情
  • わくわくと安心 などなど

相反する2つのテーマの板挟みになっている時も、

内なる星をうまく使うことで

人生にバランスの良い満足感を得ることができます。

内なる星を使いこなすためにある占星術アドバイス

内なる星はそんなわけでちょっとややこしい。

これを使いこなすためにまず考えられるのが、占星術師さんからアドバイスをもらうこと。

  • 使いにくいところを知って意識すること
  • 運行中の星のタイミングを利用していくこと

そうやって自分の星を意識的に整えることで、開運していきます。

もし星読み鑑定を受けるときには、「私の性格はこんな感じ」「運がいいのはこの時期」という風にざっくりと考えるだけじゃなく

どの星が使いにくいとか、運がいいタイミングはどの星がどうなるからか、

といったところまできっちり聞いておくと、きっとその後の役に立ちますよ。

内なる星を使いこなす別のやり方

それで、やっとここまで話が進んだのですけど、

私がオススメしているのは、

占星術を活用しながらの
1)内なる星を自分で整えるセルフケアと
2)内側からしっかり整えるフラワーエッセンスセッション。

占星術的セルフケア

セルフケアの良さは、占星術の知識があまりなくても、誰にでも当てはまること。

月=感情を満たす。
水星=知性とコミュニケーションを発揮する。
金星=自分がワクワクすることをして価値観と美意識を育てる。

こういうことを、月・水星・金星の発達順番で丁寧にやっていくのです。

これは誰にでも、星の配置に関わらず有効。

自分を満たそうとか、わくわくしようとか、心理学でもよく言われていますよね。星の発達順に整えていくのがお勧めなのです。

また、自分の月星座や金星星座の質を意識しながらやっていくことで、さらにいいセルフケアになるはず。

詳しくはこちらも参考にしてください。

自分らしさの占星術
自分らしさの占星術:9回シリーズまとめ。本来の自分で生きていくために。9回にわたり、『自分らしさの占星術』のシリーズをお届けしました。 もしどれかのページにたどり着いたとしても、 流れとして読んでい...

占星術的フラワーエッセンス

もうひとつ。内なる星を無理せず自然に整えてくれるのがフラワーエッセンス

フラワーエッセンスを使うと
星に与えられたエネルギーを、植物エネルギーで整えて引き出せる

エネルギーの影響の仕組みはややこしいので、とりあえず置いといてもらっていいと思います。(いつかわかりやすく書きたい)。

とにかく内なる星のエネルギーと太陽の光で育つ植物のエネルギーはとても相性が良いです。

ニュージーランドフラワーエッセンスは、なかでも特に占星術対応。

占星術360度の星空に対応する36種のエッセンスがあります。この36種をそれぞれの人のために組み合わせて、星のアンバランスを整えることができるのです。

すると、内なる星の持つ性質のポジティブな側面が出てきます。

最初に書いたような

感情が満たされながら(月)
自分なりの知性と価値観を発揮して(水星と金星)
意志と情熱を持って人生を歩んでいく(太陽と火星)

こんな自分らしい生き方に戻っていくことを後押しします。

正直に言えば、セルフケアだけでなくてフラワーエッセンスを取り入れてくれる人がもっともっと増えたらいいなと思っています。私の個人的な感覚として、本当に心地よいものなので。でもそれは、個人の好みとかタイミングとかいろいろあると思いますので、まず占星術的セルフケアだけでも。

そんな気持ちで、いろいろとこれからも書いていきたいと思っています。

まとめ

というわけで、今回長くなってしまいましたのでまとめを。

  1. 生まれた時に、誰でも星のエネルギーが刷り込まれる(内なる星)
  2. その内なる星々をうまく使うとバランスの取れた人生になる
  3. 使いこなすために、占星術鑑定・セルフケア・フラワーエッセンスなどがある

ということでした。

そしてもちろん、私のお勧めはニュージーランドフラワーエッセンス。

星が内側から整う実感を得たい方が増えるように、少しずつこの魅力を伝えていきたいと思っています。

お知らせ

HSP・HSCお茶会
ZOOMでHSP/HSCについて語らう会です。次回は8/26水!

メルマガご登録
フラワーエッセンス・占星術・HSP等のお知らせを月2回配信中。

カウンセリングセッション
ご要望にお応えして、ショート・スタンダード・ロングから選べるようにしました。

無料メールレッスン
敏感気質HSPのための神経セルフケアレッスン